K-1 WORLD GP 2014 ラズ・セルキシアン インタビュー

スポンサードリンク

 (C)M-1 Sports Media
(C)M-1 Sports Media

ラズ・セルキシアン「俺の名前は“戦士”を意味している。俺は戦うために存在し、そして最後の瞬間まで戦い続けるんだ」

11月3日(月・祝)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2014 〜-65kg初代王座決定トーナメント〜」。今大会では日本人4選手と海外強豪4選手の8人によるワンデートーナメントで、初代K-1 -65kg王者のベルトを争うことになった。外国人選手インタビュー第4弾はアルメニアのラズ・セルキシアンだ。

——K-1出場が決まった時の心境を教えて下さい。

「色々思うことはあったが、何よりも俺がK-1の初代王者を争うメンバーに選ばれたんだ、という特別な思いがあったよ」

——K-1というイベントにはどんなイメージを持っていますか?

「K-1は全て、戦いの最高峰だ」

——セルキシアン選手はK-1からどんな影響を受けましたか?

「K-1は俺に道徳を与えてくれた。チームのため、トレーナーのため、母国のため、そして家族のために俺は戦う。そして俺自身その生き方を愛している」

——セルキシアンが格闘技を始めたきっかけを教えてもらえますか?

「俺のトレーナーは、オランダに格闘技を生んだディック・フライとハンス・ナイマンだ。俺は12歳の時からずっとディックとハンスのもとでトレーニングを続けている。俺は日本で50戦以上も戦ってきたレジェンド2人の弟子を代表して戦えることを幸せに思っている」

——今回のK-1参戦に向けてどんなトレーニングを積んでいるのですか?

「俺のトレーニング方法はディックとハンスが指導する昔ながらのスタイルだ。でもトレーニングとはそうあるべきだと思っている」

——セルキシアン選手は自分をどんなファイトスタイルだと思っていますか? 

「俺の本名である“ラズミック”はアルメニア語で戦士を意味している。その名の通り、俺は戦うために存在し、そして最後の瞬間まで戦い続けるんだ」

——対戦相手の久保選手の印象を教えてください。

「ユータ・クボは良い選手だとは思うが、心配するほどではないな。トーナメントの他の連中もみんな同じだ」

——久保選手以外で気になっている選手はいますか?

「俺はチャンピオンキラーとして知られている。でもそろそろ俺がチャンピオンになる時だな」

——トーナメントを勝ち抜くためには何が必要だと思いますか?

「キックパンツ、マウスピースにグローブがあればそれだけでいい」

——どんな試合をしてトーナメントを優勝したいですか?

「俺が勝って観客が楽しんでくれれば、何でもいいさ」

——どんな試合をしてトーナメントを優勝したいですか?

「俺にとっては世界へのステップだ。トレーナー、そして沢山の素晴らしいアルメニアの戦士のために俺は前へ進む」

——自分のどこをK-1のファンに見てもらいたいですか?

「俺の試合そのものをしっかり見ててくれ。相手をマットに沈めてやるから」

——トーナメントで優勝してK-1初代-65kg王者となったら、どんなチャンピオンになりたいですか?

「チャンピオンの中のチャンピオンになる」

——それでは最後に日本のファンにメッセージをお願いします。

「K-1がやっと本来あるべき場所、日本に戻ってきた。絶対に見逃すなよ!」

スポンサードリンク