K-1 WORLD GP 2014 泰斗 インタビュー

スポンサードリンク

(C)M-1 Sports Media
(C)M-1 Sports Media

泰斗「K-1は暴れがいがある舞台。11月3日が最高のお祭りになるように僕が火付け役になります」

11月3日(月・祝)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2014 〜-65kg初代王座決定トーナメント〜」。今大会では日本人4選手と海外強豪4選手の8人によるワンデートーナメントで、初代K-1 -65kg王者のベルトを争うことになった。日本人選手インタビュー第5弾はリザーブファイトでイリアス・ブライドと対戦する泰斗だ。

——K-1出場が決まった時の心境を聞かせてもらえますか?

「まさか自分がK-1で試合が出来るとは思っていなかったので、11月にK-1が大会をやると聞いても最初は全く気にしていませんでした。だからオファーが受けた時も『マジか!?』と思って、しかもリザーブファイトだと聞かされて驚きましたね。悩むことなく即答でOKしました」

——もともと泰斗選手は高校まで野球をやっていて、卒業後に格闘技を始めたんですよね?

「小さい頃からプロレスや格闘技が好きで、高校生の時にK-1を見て、高校を卒業したら格闘技をやろうと決めていました」

——K-1が格闘技を始めるきっかけだったんですね。

「K-1はヘビー級もMAXも両方好きで『70kgでやるにしても体重を増やさないといけないなぁ』と思っていました。高校を卒業する時の寄せ書きとかにも『将来、僕はK-1に出るんで見に来てください』と書いていて、まだ格闘技を始める前からK-1には出る前提で考えていました(笑)」

——泰斗選手は名古屋在住の選手ですが、東京で格闘技をやろうとは思わなかったのですか?

「最初は僕も上京してジムを探そうと思っていたのですが、当時バイトをしていたところの社長がGET OVERに通っていて、GET OVERのジャージを着ていたんです。それで『僕もそのジム知っています』と言ったら、じゃあ一緒にやろうということでGET OVERに入会しました」

——泰斗選手は2011年のK-1大阪大会のオープニングファイトに出場経験がありますが、当時はどんな心境で戦ったのですか?

「オープニングでしたけど、自分が憧れていた場所に立てて、絶対にやってやろうと思っていました。でも試合は逆転負けに終わってしまって…せっかくチャンスをもらったのに自分の良さを出せないまま終わってしまって、本当に悔しかったです」

——それからKrushでキャリアを積んで、再びK-1出場のチャンスが巡ってきたわけですが、前回の負けを払拭して、自分の存在をアピールしたいですか?

「もちろんです。新しいK-1の最初の大会に選んでもらったことも光栄ですし、リザーブファイトで初めてアジア以外の外国人選手と戦えることも楽しみです」

——対戦相手のイリアス・ブライドにはどんな印象を持っていますか?

「スピードもあって1Rからガンガン来る危険な相手ですね。調子に乗らせるとヤバいタイプでしょう。こっちが待ったり、下がったりすると、危ないと思うので、自分から向かって行こうと思います。そんなにディフェンス力があるタイプではないと思うんで…まあそれを言われたら僕もそうなんですけど(笑)。とにかく倒すか倒されるかの試合になると思います」

——トーナメントには色々な個性のある選手がいますが、泰斗選手は自分のどんなところをアピールしたいですか?

「僕の試合が新しいK-1の本戦第1試合じゃないですか。そんな舞台を用意してもらった以上、絶対にインパクトを残さないといけないし、いつも以上に入場から派手に沸かしたいですね。もちろん試合でも派手に倒して、一発目らしい試合をしたいです」

——自分が新しいK-1のスタートに火を点けたいですか?

「僕が第1試合に起用されたのはそういう役割を期待しているからだと思うんですよね。だからド派手に第1試合を勝って、あとは誰かトーナメントの欠場者が出るのを待ちたいと思います」

——泰斗選手が他のトーナメント出場選手たちと比べて、ここは負けていないと自信を持っている部分はどこでしょう?

「やっぱり一発の攻撃力には自信があります。65kgで試合をするようになってフィジカルトレーニングを始めて、かなりパワーがついてきました。8月の名古屋大会でも右ストレート一発で倒すことが出来て、僕のパンチで怪我する選手も多いので、自分でも結構(パンチは)危ないなと思っています」

——K-1は番狂わせや思いもよらない結末が待っている舞台です。ずばり泰斗選手も何か波乱を起こしたいですか?

「そうですね。K-1はやったもん勝ち・目立ったもの勝ちですからね。それに僕はお祭り好きのお祭り男なので、K-1は本当に暴れがいがある舞台です。試合が決まった時から11月3日がずっと待ち遠しくて、早く試合をしたくてウズウズしています。11月3日のK-1が最高のお祭りになるように、僕が火付け役になるつもりなので、みなさん応援よろしくお願いします!」

スポンサードリンク