K-1 WORLD GP 2014 ケリス・ベラ インタビュー

スポンサードリンク

(C)M-1 Sports Media
(C)M-1 Sports Media

ケリス・ベラ「K-1で戦うことが自分の人生で一番のモチベーションだ。ユーヤとウォーリアー・スピリットがぶつかり合う激しく熱い試合を見せる!」

11月3日(月・祝)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2014 〜-65kg初代王座決定トーナメント〜」。今大会ではトーナメント以外にスーパーファイト3試合が決定した。インタビュー第6弾は−70kg Fightで山本優弥と対戦するケリス・ベラだ。

——K-1出場が決まった時の心境を教えて下さい。

「長い間、日本で試合をすることを夢見ていた。今回のオファーを受けてK-1で戦うチャンスが来た時は嬉しかったし、感謝もしている」

——K-1というイベントにはどんなイメージを持っていますか?

「K-1は世界中から素晴らしい選手が集まり熱い戦いを繰り広げる、世界一エキサイティングな格闘技スポーツだろう」

——ベラ選手はK-1からどんな影響を受けましたか?

「これまで魔娑斗のような素晴らしい選手たちの試合を見て学び、ずっと目標にしてやって来た。だからK-1で試合をする事が自分の人生で一番のモチベーションなんだ」

——これまでK-1ファイターと練習したことや交流はありますか?

「俺はK-1ヘビー級で戦っていたカークウッド・ウォーカーの下でトレーニングしているし、K-1 MAXで試合をしていたピーター・クルーク(K-1 MAXで小比類巻貴之、全日本キックで佐藤嘉洋と対戦した)とも一緒にトレーニングしてきた」

——ベラ選手が格闘技を始めたきっかけを教えてもらえますか?

「父親が散々トラブルを起こしていた俺を格闘技の世界に入れたのが13歳の時。俺たち兄弟を地元にある、多くのチャンピオンたちを輩出したトロージャンジムに連れて来た。それが最初のきっかけだな。そこでカークウッド・ウォーカーとジョビー・クレイトンにトレーニングを積んでもらったよ」

——今回のK-1参戦に向けてどんなトレーニングを積んでいるのですか?

「ジムワークは主にミット打ちとスパーリングだ。ただ俺はスパーリングが大好きで、トレーニングで一番重要だと思っているから、ガンガンハードなスパーリングをやってる。ジムワーク以外にもフィジカルトレーニングとしてケトルベルでのサーキットやプライオメトリックトレーニングをやっているし、坂道ダッシュやトラックを使ったラントレも欠かさない。その他にも体幹トレーニングやヨガもやっている。日々これだけトレーニングをしているんだ。どこも怪我はないし、俺は常にベストコンディションをキープ出来ている」

——ベラ選手は自分をどんなファイトスタイルだと思っていますか? また得意技は何ですか?

「自分自身アグレッシブなファイトスタイルだと思っている。そして俺のボディブローは周りから危険だと思われているよ」

——ベラ選手は後ろ髪だけを長く伸ばしていますが、その髪型の由来を教えてもらえますか?

「もともとは髪全体を伸ばしてたんだ。でもそれじゃ髪が目に入って試合中に邪魔だったんだよ(笑)。それで後ろ髪だけ伸ばすことにしたんだ。この髪型のおかげでキャラクターとしても目立つようになって、今では俺のトレードマークさ」

——ベラ選手は試合が決まると髭を剃らないという話も聞きました。

「あぁ、そうだ。試合に向けて自分自身を“ビーストモード”に持っていくための儀式みたいなもんだな」

——またベラ選手はタトゥーも入っていますが、どんな模様が入っているのですか?

「タトゥーは幾つか入っていて、一番近い家族と一緒に彫ったものもある。また俺が辰年だからドラゴンも彫っているし、人は誰でも内に善と悪とを秘めているという意味で天使と悪魔を胸に彫ってある」

——対戦相手の優弥選手の印象を教えてください。

「ユーヤ・ヤマモトはウォーリアーだ。彼は真のウォーリアー・スピリットを持っていて、幾つもK-1のリングで素晴らしい試合をしてきた。そんなユーヤと戦える事はとても光栄だよ」

——その優弥選手を相手にどんな試合をして勝ちたいと思いますか?

「判定、KOどちらでの勝利になっても、真のウォーリアー・スピリットが激しくぶつかり合う素晴らしい試合をファンのみんなに届けたいと思う」

——自分のどこをK-1のファンに見てもらいたいですか?

「常にKOを狙ってガンガン前に行く俺の戦い方を目に焼き付けて欲しい」

——今後のK-1での目標を教えてもらえますか?

「K-1ファンを楽しませること。そしてもし70kgでもトーナメントが行われるのならば、そこでチャンピオンになることだ。今回の試合をきっかけに、これまでK-1の歴史で数々の伝説を残してきたレジェンドたちの横に俺の名前を刻むつもりだ」

——それでは最後に日本のファンにメッセージをお願いします。

「K-1の生まれた国、日本のファンのみんなに会えることを楽しみにしている。俺が真のウォーリアー・スピリットを持った男だという事をしっかりと見ててくれ。日本で試合をすることは小さい頃からの夢だったので、今回はまたとないチャンスだと思っている。日本で、そしてK-1で試合が出来る事をとても光栄に思っている。ユーヤのようなハートの強いウォーリアーと戦えるのはとても光栄なことだ。間違いなく日本のファンに楽しんでもらえるような激しく熱い戦いになるだろう。期待して待っててくれ!」

スポンサードリンク