K-1 WORLD GP 2014 スーパーファイト出場の大雅、インタビュー

スポンサードリンク

 (C)M-1 Sports Media
(C)M-1 Sports Media

記事提供:K-1実行委員会

大雅「僕は格闘技を盛り上げる自信があるし、自分のことを信じている。新しいK-1で輝ける舞台を作りたい」

11月3日(月・祝)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2014 〜-65kg初代王座決定トーナメント〜」。今大会ではトーナメント以外にスーパーファイト3試合が決定した。インタビュー第1弾は-55kg FightでKrush -58kg級王者・武尊と対戦するKrush -55kg級王者・大雅だ。

——大雅選手はK-1が新体制でスタートすると聞いた時、自分も出たいと思っていましたか?

「ちょうど大会の前のタイミングでKrushのチャンピオンになれたので、出るのは当たり前でしょ!と思っていました」

——お兄さんのHIROYA選手は15歳でK-1デビューしていますが、大雅選手はいつ頃からK-1を見ていたのですか?

「本当に小っちゃい頃からですね。兄ちゃんが格闘技をやってたし、その流れで一緒にK-1を見ていて、すごいなと思っていました。小学校の卒業アルバムにも『夢はK-1の世界チャンピオンになる』と書いていました」

——HIROYA選手の試合を見に会場にも足を運んでいたんですよね。

「はい。大勢のお客さんがウワー!と盛り上がる空気を感じて鳥肌が立ったし、いつかは自分がそれをやる立場になりたいなと思っていました。今回は本当にベストのタイミングでK-1に出るチャンスが来たなと思います」

——大雅選手は常々「自分が格闘技を盛り上げる」と言い続けていますが、改めてその理由を聞かせてもらえますか?

「自分じゃない人が盛り上げて、その影で試合をするっていうのが絶対に嫌なんで。そういう状況は自分が負けている気もするし、気分は良くないですよね。やるなら自分が一番でありたいし、一番目立ちたいです」

——例えば試合順でもメインイベントでなければ嫌ですか?

「今まではチャンピオンじゃなかったので、そういう権利はなかったですけど、チャンピオンになってから試合順も気になるようになりました」

——今回はK-1という舞台で、今まで大雅選手の試合を見たことがない人たちが大雅選手の試合を見ることになると思います。自分のどこをアピールしたいですか?

「僕はまだ18歳ですけど、こんなにすごい選手がいるんだというところを見せたいし、同世代の人たちが頑張ろうと思うきっかけになってくれたらうれしいです。もちろん同世代だけじゃなくて、大人の人たちにも大雅すごいなと思ってもらいたいし、何か熱いものを感じてもらいたいです。やっぱりプロはそれが仕事だと思います」

——大雅選手自身はどんな野望を持っていますか?

「僕が小さい頃に見ていたK-1のように、デカい会場で試合をして、自分が出てきたら会場が盛り上がる。そういう姿にずっと憧れていたので、新しいK-1もそういう場所にしたいです」

——K-1において55kgという階級は今大会からスタートする階級です。自分が55kgを引っ張っていくとう意識はありますか?

「はい。他の階級よりも面白くしたいし、そうじゃなきゃダメだと思います」

——対戦相手の武尊選手にはどんな印象を持っていますか?

「打ち合ってくれると思うので、そこで一方的に試合を進めたいと思います。武尊選手のパンチは当たりません」

——小学校の卒業アルバムに「K-1の世界チャンピオン」と書いて、その数年後に実際にK-1に出ることになりました。当時の大雅選手が今の大雅選手を見たら、どんなことを思うでしょう?

「当時は盛り上がっていたK-1に出ている自分のことを想像していたと思うんですけど…まさかK-1が開催されなくなるとは思っていませんでした。でもそれで格闘技を辞めるとは一切思わなかったし、そういう場所がないんだったら、自分で作ればいいじゃんと思っていました。自分は絶対にそれが出来ると思って格闘技をやってきたし、頑張っていればそうなると信じていました。僕が格闘技を続けているのは、自分が格闘技界を盛り上げられるという自信があったからなんですよね。僕はそれだけ自分のことを信じているし、新しいK-1で輝ける舞台を作りたいと思います」

スポンサードリンク