K-1 WORLD GP 2014 スーパーファイトに出場する武尊のインタビュー

スポンサードリンク

(C)M-1 Sports Media
(C)M-1 Sports Media

記事提供:K-1実行委員会
武尊「K-1は僕の人生を変えてくれたもの。今度は僕が夢や感動を与えられる試合をしてK-1を盛り上げたい」

11月3日(月・祝)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2014 〜-65kg初代王座決定トーナメント〜」。今大会ではトーナメント以外にスーパーファイト3試合が決定した。インタビュー第2弾は-55kg FightでKrush -55kg級王者・大雅と対戦するKrush -58kg級王者・武尊だ。

——K-1参戦が決まった時はどんな心境でしたか?

「僕が格闘技を始めた理由がK-1で、K-1を目標に格闘技をやってきて、K-1に出ようと思って(鳥取から)東京に出てきました。一度、K-1が活動しなくなってしまい、ずっとKrushで戦ってきたのですが、やっぱりK-1は自分の中ですべてのきっかけだったので、K-1 WORLD GPが開催されると発表された時は絶対に出るつもりで、やっと来たかと思いました」

——もともと武尊選手はK-1でアンディ・フグを見て空手を始めたんですよね?

「そうですね。K-1ではフグ選手や武蔵選手のような空手家が強いイメージがあって、僕の地元は田舎だったのでキックボクシングジムがなかったんですね。そしたら近くに正道会館の同好会のような場所があって、そこで空手を始めました。小さい頃なので何をやればいいのかは分かっていなかったのですが、ここで空手をやればK-1に出られるんだろうなと思っていました」

——当時はヘビー級が中心で、もっと体が大きくなって欲しいと思っていましたか?

「小学生の頃は将来的に180cm・90kgくらいにはなると思っていたんですけど、中学生くらいで『あれ?おかしいぞ』と自分の体格に気づいて。でもちょうどその頃に70kgのK-1 MAXが始まって、K-1でも軽量級があることを知って頑張ろうと思いました。当時は70kgだったらまだイケると思ってたんで。アマチュアの試合にはフライ級(52kg)で出ていて、頑張って体重を増やして60kg、という状態だったんですけどね。そうしたらHIROYAがK-1でデビューして、60kgの試合が組まれたり、K-1甲子園がスタートしたり、そこでまたK-1への道が見えてきた、という感じです」

——やはり武尊選手にとってK-1は憧れの舞台ですか?

「はい。テレビでK-1を見なかったら格闘技を始めてないと思います。もしK-1を見ていなかったら、他のスポーツをやっていたかもしれないし、スポーツも何もやらずに地元で就職して会社員になっていたかもしれない。本当にK-1は僕の人生を変えてくれたものです」

——これから武尊選手はK-1を見る側ではなく、出る側として戦っていくことになります。新しいK-1をどんなものにしたいですか?

「僕は格闘技で夢を見させてもらった立場です。魔裟斗選手、武蔵選手、アンディ・フグ選手もそうですけど、格闘技は見ている方が感動できて、夢を持てるものだと思うんですね。K-1はそういう舞台だと思っているから、K-1で戦う側としてこの気持ちを先につなげていきたいです。やっぱり格闘技はずっと続いてほしいもので、そのために夢や感動を与えられる試合をして、僕が格闘技を盛り上げていきたいですね」

——目立つことが好きな武尊選手にとっては戦いがいがある舞台ではないですか?

「そうですね。目立ちたがり屋にはぴったりだと思います(笑)」

——自分の試合であれば、K-1のファンを沸かせられる自信がありますか?

「はい。それがなかったらこのリングには上がっていないし、常にその覚悟を持ってリングに上がっています。だからK-1でもいつもと同じ気持ちで戦いたいと思います」

——Krush -58kg級王者の武尊選手にとっては久々の-55kgでの試合になります。

「やってみないと分からない部分はありますが、K-1は目標にしてきた舞台で何が何でも出たいという気持ちでした。だから階級に関しては減量を頑張ればいいだけの話なので、関係ないと思います」

——対戦相手の大雅選手にはどんな印象を持っていますか?

「距離感が上手くてトリッキーだけど、僕は誰が相手でも絶対に気持ちで負けません。気持ちでボコボコにします」

——K-1において-55kgという階級は今大会からスタートする階級です。K-1の-55kgをどのようなものにしたいですか?

「軽量級なりの面白さがあると思うので、それを存分に出したいです。僕の場合はパワーやスピードよりも気持ちの部分を見てもらいたくて、気持ちだったらヘビー級の選手にも負けないし、どれだけ相手がテクニックがある選手でも気持ちでは負けないです。これから-55kgでも世界トーナメントが開催されると思うのですが、世界からどんな強い選手が来てもそこだけは絶対に負けないので、僕の気持ちを見てほしいです」

スポンサードリンク