K-1 WORLD GP 2014 スーパーファイト出場の山本優弥、インタビュー

スポンサードリンク

(C)M-1 Sports Media
(C)M-1 Sports Media

山本優弥「僕はK-1に育ててもらったという気持ちは大きい。最初の大会に出る人間が新しいK-1を作っていかなければいけない」

11月3日(月・祝)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2014 〜-65kg初代王座決定トーナメント〜」。今大会ではトーナメント以外にスーパーファイト3試合が決定した。インタビュー第3弾は -70kg Fightでケリス・ベラと対戦する山本優弥だ。

——K-1が新体制でスタートすると聞いた時の心境を聞かせてもらえますか?

「K-1という名前はみんなが知ってくれているものです。選手は人に見てもらえてナンボだと思うので、注目が集まる大会になればいいなと思いました」

——優弥選手は全日本キックとK-1を主戦場に戦ってきた選手です。11月のK-1には出たいという気持ちはありましたか?

「そうですね。僕はK-1 MAXに出させてもらうようになって、地上波のテレビに出たり、色んなイベントにも参加させてもらって、K-1に育ててもらったという気持ちはすごく大きいです。またK-1が新たなものになり、自分の勉強になるのであれば、すごく楽しみで、しっかり頑張って出たいと思っていました」

——優弥選手が格闘技を始めた頃はすでにK-1は始まっていたのですか?

「はい。僕は20年前に空手を始めて、当時はまだヘビー級しかなかったんですけど、K-1はテレビで見ていました。テレビで人が殴り合ってどちらかが倒れる姿を見て、それがK-1か空手かは分かっていませんでしたが、『これが格闘技なんだな』と思って見ていました」

——格闘技をやる上でK-1からどんな刺激や影響を受けましたか?

「子どもの頃は…今もそうですけど…テレビに出るのはすごいことだという認識があるし、有名になれるかどうかはテレビに出るか出ないかだと思うんですよ。僕は一生懸命、自分の好きで(格闘技を)やらせてもらっているだけですけど、色んな人に認めてもらえる・見てもらえるものがテレビでした。だからK-1に対してはずっとすごいなという気持ちがありました」

——戦績を振り返ると優弥選手が初めてK-1に出たのは2005年5月でしたね。

「当時は全日本ウェルター級1位で、チャンピオンにはなれなかったんですけど、K-1からチャンスをいただきました」

——先ほどは「K-1に育ててもらった」という言葉がありましたが、K-1で強くなることが出来たという気持ちもあるのですか?

「特別だと思っていた場所にまさか自分が出られるとは思っていなかったです。でもそれを目指し頑張ってきて、実際に出ることになって、テレビで試合を映してもらって。その時は一生懸命で分からなかったですけど、今の僕はチャンピオンじゃないのに、他のチャンピオンよりも僕のことを知ってくれている人が多い。K-1に出ていた頃も今も、僕は『いえいえ僕なんか…』という気持ちがあるのですが、K-1に作ってもらったところは大きいと感じます。今でも街で声をかけれられて握手を求められますからね、『K-1の山本選手ですよね。頑張ってください』って。もう最後にK-1で試合をしてから何年も経っているのに。だから新しいK-1でもみんなが目指すところはそこだと思います」

——ずばりK-1に出て人生が変わりましたか?

「どうなんですかね。これ(格闘技)をした自分しか知らないですからね。ただ僕は格闘技を知らなかったら夢も希望もない人間だったと思います。僕はこうして好きなことをやらせてもらっているだけで、それがすごいとも偉いとも思いませんが、自分が好きなことをやってみなさんにそれを見てもらえることに幸せを感じています。だから僕が幸せをもらうだけじゃなくて、色んな人に何かを感じてもらえるようにしっかりやっていこうという気持ちは持っています」

——そして今大会ではイギリスのベラと対戦することになりました。ベラにはどんな印象を持っていますか?

「長身でサウスポーで距離を取って戦うような選手ではないので、僕との試合はいい商品・作品になると思います。もちろん勝つつもりでやりますけど、面白そうな相手で何よりです。髪も弁髪でゴツくてタトゥーも入っていて、見た目も特徴的ですよね」

——ファイトスタイル的に噛み合う試合になりそうですか?

「向こうはどんどん前に来てくれるだろうし、僕よりもパンチ力があって、スピードがあって、ローキックも強いでしょう。でも僕にはローキックは効かないし、性格がひねくれているんで、上手く対応しながら戦おうと思います(笑)」

——新体制でスタートするK-1に期待するファンは多いと思います。優弥選手はそこで何を見せたいと思いますか?

「僕自身はK-1だから頑張る、Krushだから頑張る、それ以外だったら頑張らないとか、そういう気持ちは一切ないんで。リングに上がればやることは同じです。会場が大きければ見てくれる人が多くなりますが、僕がやることは変わりません。さっきも言ったように僕は人にいいものを与えられるように、自分の好きなことで生きる希望を与えるような“商品”でありたいと思います。それはどの大会に出ても、崩すことはないですね。ただ今回が新しいK-1の最初の大会で、この大会がすべての基準になると思うんですね。僕以外はみんな敵で、みんなで頑張りましょうとは思いませんが、最初の大会に出る人間が新しいK-1を作っていかなければいけないと思っています。その中で誰が一番目立つのかは、みんなが目指していることでしょう」

——優弥選手は試合を見た人に「元気をもらった」「感動した」と言われることが喜びですか?

「そうですね。自分が好きで自分のためにやっていると言えど、色んな人のため、色んな人がいての自分なので、人に認めてもらえることが自分にとっての一番の幸せだと思います」

スポンサードリンク