K-1 WORLD GP 2015 ~-55kg初代王座決定トーナメント~ リザーブファイト出場:ルイ・ボテーリョ(ポルトガル)インタビュー

スポンサードリンク

(C)M-1 Sports Media
(C)M-1 Sports Media

「K-1 WORLD GP 2015 ~-55kg初代王座決定トーナメント~」リザーブファイト出場:ルイ・ボテーリョ(ポルトガル)インタビュー
【「K-1 WORLD GP 2015 ~-55kg初代王座決定トーナメント~」2015.4.19(日)国立代々木競技場第二体育館大会情報】

ルイ・ボテーリョ「日本のファンには自分がいかにハードパンチャーかというところに注目して欲しい」

 4月19日(日)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2015~-55kg初代王座決定トーナメント~」。トーナメント出場選手インタビュー第10弾はリザーブファイトで出貝泰佑と対戦するポルトガルのルイ・ボテーリョだ。

――K-1出場が決まった時の心境を教えて下さい。

「K-1で試合が出来ると聞いた時は凄く嬉しかったし、ついに夢が叶ったという気持ちだった。舞台は整ったので、あとはベルトを巻けるように頑張りたい」

――K-1というイベントにはどんなイメージを持っていますか?

「K-1は自分が憧れていた選手たちが試合をしてきた夢の舞台だ。今までK-1で戦うために、いつか自分もあの舞台に立つんだと思って格闘技をやってきた」

――格闘技を始めたきっかけを教えて下さい。

「10代の頃の俺は悪さばかりしているようなガキだった。そんな俺を見かねて、周りにエネルギーの発散のために地元にあったジムに連れて行かれたのがきっかけだ。初めてムエタイを経験して、すぐにムエタイの虜になって、もう悪さは卒業したよ」

――今の練習状況を教えて下さい

「自分のトレーナーはディナ・ペドロで、午前と午後に2時間半ずつ、1日合計5時間の練習をやっている」

――インターネットでボテーリョ選手がタイ人と試合をしている映像を見たのですが、タイでも練習・試合しているのですか?

「そうだね。たまにタイでトレーニングし、そのまま試合にも出ている」

――胸元のタトゥーには、どんな意味があるのですか?

「これはボルネオフラワーだ。(※ボルネオ島に住む部族は好戦的で、その部族にとってお守りとして扱われていた。”暗闇を照らす光”という意味がある)」

――対戦相手の出貝選手の印象を教えてください。

「あまり相手のことは考えてない。俺は自分の試合をしに行くだけだから。その相手が誰であろうと自分にとっては何も変わらないよ」

――今回はリザーブファイトでの出場ですが、トーナメントを勝ち抜くためには何が必要だと思いますか?

「しっかりトレーニングして準備すること、そしてリザーブに勝つことだな」

――もしトーナメント本戦に出た場合、どんな試合をしてトーナメントを優勝したいと思いますか?

「KOで勝つことが出来たら最高だね。ただ内容どうこうより、とにかく俺は勝ちたい」

――今回のK-1参戦でどんな目標を達成したいですか?

「もちろんK-1-55kg王者になることさ!」

――最後に日本のファンへメッセージをいただけますか?

「日本のファンには自分がいかにハードパンチャーかというところに注目して欲しい。きっと自分の戦い方は日本のファンの皆に楽しんでもらえると思う」

<選手プロフィール>
ルイ・ボテーリョ
Rui Botelho
所属ジム:Dinamite Team
出身地:ポルトガル・リスボン
誕生日:1994/11/25
身長:170cm
クラス:-55kg
戦績:32戦25勝(6KO)7敗
タイトル歴
・2014年WMF世界選手権金メダル
・2013年WMF世界選手権銅メダル
・2012年WAKO世界選手権銀メダル
・2011年WAKO欧州選手権銅メダル

スポンサードリンク