K-1 WORLD GP 2015 ~-55kg初代王座決定トーナメント~ スーパーファイト出場:K-1 WORLD GP -60kg王者・卜部功也(チームドラゴン)インタビュー

スポンサードリンク

(C)M-1 Sports Media
(C)M-1 Sports Media

「K-1 WORLD GP 2015 ~-55kg初代王座決定トーナメント~」スーパーファイト出場:K-1 WORLD GP -60kg王者・卜部功也(チームドラゴン)インタビュー
【「K-1 WORLD GP 2015 ~-55kg初代王座決定トーナメント~」2015.4.19(日)国立代々木競技場第二体育館大会情報】

K-1-60kg初代王者・卜部功也「僕の相手には最強のチャレンジャーしか必要ない。僕は誰もが認める”本物”のチャンピオンになる」

 4月19日(日)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2015~-55kg初代王座決定トーナメント~」。スーパーファイト出場選手インタビュー第6弾はK-1 -60kg Fightでハビエル・エルナンデスと対戦するK-1 WORLD GP-60kg初代王者・卜部功也だ。

――1月の代々木大会でK-1 WORLD GP-60kg初代王者になった功也選手ですが、ベルトを獲ってどんな変化がありましたか?

「あまり自分の中では変わらなくて、このベルトを獲ったことで『これからもっともっと挑戦する!』という気持ちになりました」

――達成感を感じたのは試合直後だけですか?

「試合が終わって数日間だけですね。K-1-60kgの一番上に立ったことで、他のメディアにも出て行かないといけないと思っているし、もっともっと注目されるような努力をしていきたいと思います」

――K-1王者としての自覚やK-1王者はこうあるべきだということは考えますか?

「僕自身はいつも通り自然体ではいるんですけど、もっと(選手として)厳しく行かなきゃいけないと思います。もっと変えられる部分もあると思うし、今以上に野心を強く持って有名になりたいという気持ちを持たないと、K-1のベルトにも失礼だと思います」

――トーナメントそのものを振り返ると、大きなダメージや怪我もなく、非常にいい内容で1日3試合を勝ち抜いたと思います。試合内容についてはいかがでしょうか?

「理想の試合が出来たと思います。1回戦・準決勝ではダメージを受けることなく勝ち上がることが出来て、決勝の兄弟対決(VS卜部弘嵩)もやって後悔はありません。兄弟で試合をしたことで色んなところで注目されたと思うので」

――1回戦でデニス・ピューリック、準決勝で山本真弘選手をKOできたことはどう感じていますか?

「自分の中ではずっとKOを目標にしていたので、それを見せられたかなと思います。自分が追求しているスタイルで倒すことが出来たのは大きいです」

――これからもテクニックを駆使しながら勝負所で倒す、というスタイルを追求してきいたいですか?

「打ち合って激しい試合をする選手はたくさんいるので、自分にしか出せない色を出していきたいと思います」

――そして今大会ではトーナメント3位のエルナンデスと対戦することになりました。試合が決まった時はどんな心境でしたか?

「誰もが納得する相手になったと思いました。兄は同門で決勝で戦ったばかりなので、次の相手としてはエルナンデスが一番いいのかなと」

――トーナメントでエルナンデスは功也選手と逆ブロックにいた選手ですが、決勝まで勝ち上がってくる可能性があると思っていましたか?

「正直、組み合わせ的にはエルナンデスが決勝まで上がって来ると思っていました。1回戦でエルナンデスが戦った島野(浩太朗)選手は足を蹴るタイプじゃなくて、パンチで勝負するタイプじゃないですか? ああいう相手と戦うと意外とダメージが溜まらないんですよね。だからエルナンデスは普通にダメージなしで勝ち上がってきたと思うし、準決勝も兄が最後の最後にダウンを取りましたが、それまでペースを取っていたのはエルナンデスでしたからね。本当に強い選手だと思います」

――功也選手がおっしゃる通り、エルナンデスのファイトスタイルや試合運びを見ているとK-1ルールの申し子のような選手だと思います。

「身体も強くて激しく打ち合って…本当にK-1向きの選手ですよね」

――ずばり卜部功也VSハビエル・エルナンデスはトーナメントの決勝でもおかしくない試合ですが、どんな試合になると予想していますか?

「相手がエルナンデスなので間違いなく激しい試合になると思います。あとはチャンピオンになって最初の試合はすごく大事だと思うし、例えばボクシングでもベルトを防衛するために相手を選ぶ選手がいるじゃないですか? でも格闘技ファンの人たちは分かっていると思うんですよね、その選手が”本物”か”偽物”か。僕は誰もが認める”本物”のチャンピオンになりたいので、そういう意味でエルナンデスは僕にとって相応しい相手だと思います」

――むしろ毎回トーナメント決勝戦のような試合をやりたいくらいですか?

「はい。僕の相手には最強のチャレンジャーしか必要ないです。防衛数を増やすとか関係なく、毎試合危険でピリピリした試合をしていきたいと思います。そっちの方がお客さんも感情移入してくれますからね」

――「俺と戦いたいヤツは世界中どこからでもかかってこい!」という気持ちですか?

「僕はオファーを断る人間じゃないし、K-1が用意してくれた相手なら誰とでも戦います」

――これから功也選手はK-1王者として60kgの中心に立って戦っていくことになります。どんな試合を見せて行きたいですか?

「自分にしかない色を出して、誰が見ても綺麗な試合をしたいです。そして僕はお客さんの想像を超えたい。どんどんみなさんの想像を超えて『おっーーー!』と思われる試合をしたいです」

<選手プロフィール>

(C)M-1 Sports Media
(C)M-1 Sports Media

卜部功也
Urabe Koya
所属ジム:チームドラゴン
出身地:東京都江東区
誕生日:1990/6/8
身長:172cm
クラス:-60kg
戦績:42戦36勝(8KO)6敗
ツイッター:@koyaurabe
ブログ:http://ameblo.jp/urabe-kyoudai/
タイトル歴
・初代K-1 WORLD GP -60kg王者
・ISKA世界ライト級王者
・Krush YOUTH GP 2012 -63kg級王者

スポンサードリンク