K-1 WORLD GP 2015 ~-55kg初代王座決定トーナメント~ トーナメント出場:ダニエル・ウィリアムス(オーストラリア)インタビュー

スポンサードリンク

「K-1 WORLD GP 2015 ~-55kg初代王座決定トーナメント~」トーナメント出場:ダニエル・ウィリアムス(オーストラリア)インタビュー
【「K-1 WORLD GP 2015 ~-55kg初代王座決定トーナメント~」2015.4.19(日)国立代々木競技場第二体育館大会情報】

ダニエル・ウィリアムス「俺がひとたびリングに上がれば、誰も俺を止めることは出来ない! 世界で最も大きなK-1のトーナメントで真のチャンピオンになる」

 4月19日(日)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2015~-55kg初代王座決定トーナメント~」。トーナメント出場選手インタビュー第7弾は1回戦で瀧谷渉太と対戦するオーストラリアのダニエル・ウィリアムスだ。

――K-1出場が決まった時の心境を教えて下さい。

「クリスマスが早く来たかのような心境だったよ! K-1は子供の頃からの目標だったから、K-1への出場が決まって、とてもハッピーで光栄に思っている。実際にK-1で戦う自分を頭の中で何度も想像してきたし、それは今も変わらない。それが今の心境さ」

――K-1というイベントにはどんなイメージを持っていますか?

「K-1は俺にとって、立ち技格闘技でもっともメジャーな大会だ。立ち技格闘技をやっている人間なら誰もが知っているし、どれほどレベルが高いものかも知っている。K-1は世界のトップレベルの選手が集まる世界最高峰のリングで、俺にとって夢の舞台だ」

――K-1からどんな影響を受けましたか?

「K-1は俺の格闘家キャリアに大きな影響を与えてくれたよ。大好きなブアカーオ、ドラゴ、山本”KID”徳郁が出ていた頃のK-1のDVDは全て持っているし、彼らの試合を何度も何度も繰り返し見ていた。実際に俺のファイトスタイルはKIDやドラゴに似ていると思うし、2人の真っ直ぐ攻撃的な姿勢は大好きさ! それに子供の頃は毎日学校から帰ってきてK-1のテレビゲームをやっていた。日本語のゲームだったから文字を読むことはできなかったけど、あまりにもゲームをやりすぎて、そのうちゲームの表記が何を意味するのか分かるようになったよ(笑)」

――格闘技を始めたきっかけを教えて下さい。

「まず6歳の時にテコンドーを始め、パースと言う自分の住んでいる町でジムを転々としながら色々な格闘技を学んだ。当時はジャン・クロード・バンダムの映画が好きで、映画の中の彼みたいはカッコイイ格闘家になることをよく想像していたよ(笑)。そして12歳でキックボクシングとムエタイを始めるんだけど、俺は格闘家になるために生まれて来たんだと思う」

――今の練習状況を教えて下さい。

「俺が所属するKao Sok Muay Thaiジムには4人のトレーナーがいて、ボクシング、体調管理など、皆それぞれの分野の専門家なんだ。そこで1日3時間のトレーニングを週6日こなしている。過去にK-1に出場した選手とも練習したことがあるけど、今は基本的にムエタイファイターたちと練習をしてるよ」

――ウィリアムスは昨年末に日本でも有名なアンディ・ハウソンに勝っていますが、どんな試合内容だったか教えてもらえますか?

「あの試合はすごくテクニカルなファイトで、自分の持ち味であるガンガンいく試合ではなかたかもしれない。前半のラウンドでヒット数とポイントでも上回り、それが勝利につながったんだと思う。アンディ・ハウソンは数々のタイトルをもった素晴らしい選手で、俺にとって彼に勝利するということはとても重要だった。だからKO狙いと言うよりも、とにかく判定でも良いから勝つことに執着したよ」

――世界的な強豪のハウソンに勝ったことをどう思いますか?

「もちろん気分は良かったさ! そして彼に勝つことによって、自分の名前を世の中にもっと知ってもらう良い機会になったと思う。そしてこの階級のトップレベルの選手に挑戦し、勝ったことは自分にとって大きな自信にもなったね」

――対戦相手の瀧谷選手の印象を教えてください。

「ショウタを見てるとテレビゲームのキャラクターを思い出す(笑)。試合映像を幾つか見たけど、とても攻撃の射程距離があって、機敏さに優れたキレのあるスタイルだと思った。特に彼の攻撃の正確性と時間と共に確実に相手を弱らせていくプレッシャーが印象的だね」

――瀧谷選手は「トーナメントのことは考えず最初からガンガン行く」と言っていますが、それについてはどう思いますか?

「自分も同じで、トーナメントどうこうよりもまずはショウタとの試合に集中している。ショウタが最初からガンガン来てくれるのはありがたいことだし、激しい試合になることは間違いないってことだろう。ペチペチとポイントを稼ぐようなしょぼい試合をするヤツより、ガンガン前にくるヤツと戦う方が俺には合ってるんだ」

――今回のトーナメントで対戦相手以外で気になっている選手はいますか?

「特にこれといっていないね。俺は自分の力を過信したり、相手が自分よりどこが優れてどこが劣っているかということは考えないようにしてる。誰と対戦するとしても、全て自分にとっての挑戦であって、それに向けて出来る限り、ベストの状態に自分を仕上げることしか考えていないよ」

――トーナメントを勝ち抜くためには何が必要だと思いますか?

「1日で3試合を勝ち抜くためには強い気持ちと覚悟が必要だと思っている。自分がやってきたことに自信を持つこと、それはつまりトーナメントに勝つ自信につながる」

――どんな試合をしてトーナメントを優勝したいですか?

「どんな内容・結果になっても、気分の悪い想いをしないよう、誰が見ても誰が勝者か分かるようにKOで勝ちに行くよ。そして試合後は日本食とカラオケを楽しんでくるかな(笑)」

――今回のトーナメントを自分にとってどんなトーナメントにしたいですか?

「自分の技術を見せられる場所にしたいし、世界で最も大きなK-1のトーナメントで真のチャンピオンになりたい。それは俺が格闘技を始める以前から夢見ていたことだ」

――自分のどこをK-1のファンに見てもらいたいですか?

「普段の俺は礼儀正しくて、フレンドリーな人間なんだけど、ひとたびリングに上がるととても攻撃的で誰も勢いを止められないファイターになる。俺のノックアウトを狙う攻撃力は見ていて興奮すると思うよ!」

<選手プロフィール>

(C)M-1 Sports Media
(C)M-1 Sports Media

ダニエル・ウィリアムス
Danial Williams
所属ジム:Kao Sok Muay Thai Gym
出身地:タイ・チエンラーイ(国籍/オーストラリア)
誕生日:1993/6/13
身長:169cm
クラス:-55kg
戦績:27戦22勝(14KO)5敗
ツイッター:@danminit
タイトル歴
・Caged Muay Thai世界バンタム級王者
・WKBF世界フライ級王者

スポンサードリンク