K-1 WORLD GP 2015 ~-55kg初代王座決定トーナメント~ トーナメント出場:チャールズ・ボンジョバーニ(フランス)インタビュー

スポンサードリンク

 (C)M-1 Sports Media
(C)M-1 Sports Media

「K-1 WORLD GP 2015 ~-55kg初代王座決定トーナメント~」トーナメント出場:チャールズ・ボンジョバーニ(フランス)インタビュー
【「K-1 WORLD GP 2015 ~-55kg初代王座決定トーナメント~」2015.4.19(日)国立代々木競技場第二体育館大会情報】

チャールズ・ボンジョバーニ「まだ敗北を知らないフランスで生まれたサムライスピリットを持つ男が、日本のファンに強烈なインパクトを残すことだろう」

 4月19日(日)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2015~-55kg初代王座決定トーナメント~」。トーナメント出場選手インタビュー第8弾は1回戦でISKA世界バンタム王者・寺戸伸近と対戦するフランスのチャールズ・ボンジョバーニだ。

――K-1出場が決まった時の心境を教えて下さい。

「K-1は間違いなく世界ナンバーワンの団体だ。ジェロム・レ・バンナや魔裟斗といったレジェンドたちが戦ったリングで、自分もそこに立てると思うと興奮が収まらない」

――K-1というイベントにはどんなイメージを持っていますか?

「K-1は格闘技の国・日本で生まれたスポーツで、日本もK-1も大好きだ。エンターテイメントとしてショーとして、全てにおいてプロフェッショナリズムを感じる。そんな日本のK-1は間違いなくナンバーワンの団体だと思っている」

――K-1からどんな影響を受けましたか?

「自分はK-1があったからキックボクシングと出会えたし、ピーター・アーツvsジェロム、アンディ・フグvsアーネスト・ホースト…忘れられない試合は沢山ある。そして魔娑斗の大ファンだったんだ。キックボクシングを始める前はサッカーをやっていて、良いレベルまでいったけれど、20歳の時K-1に出会い、キックボクシングを始めてからの人生はキック一本だ」

――サッカーでどんな実績を残したか教えてもらえますか?

「5歳から18歳までサッカーをやっていて、フランス国内のチャンピオンシップや国際トーナメントにも出場した事がある。ただ色々と事情があってサッカーを辞める事になったんだ」

――格闘技を始めたきっかけを教えて下さい。

「サッカーを辞めたあと、もう一度、スポーツをやってみたいと思い、南フランスでキックボクシングを始めたんだ。最初にローキックを食らわせた時は快感だったね!」

――今の練習状況を教えて下さい。

「自分はTiger’s Denで自分のチームとトレーナーのムクター・オウジーとトレーニングしている。彼が自分にキックボクシングの全てを叩きこんでくれた。そしてアルメン・ペトロシアンとも戦ったヨリス・ボドイネたちがトレーニングパートナーを務めてくれる。練習時間は週6日・1日4時間のトレーニング、それにプラスして毎朝ランニングと筋力トレーニングも欠かさずやっている。トレーナーのオウジーはテクニック、フィジカル、カーディオ、コンディション、ストラテジー(戦略)と何でも見てくれる。トレーニングではミットやスパーを15Rぶっ続けてでやるんだ」

――普段はどんな大会・どの国で試合をしているのですか?

「基本的にはTiger’s Den EFCで試合をしている。フランス以外では昨年10月にルクセンブルグで試合をしたし、Kings of Muay Thaiではヨーロッパで無敗のタイ人選手ブー・サシプラパーにも勝利した。その他、タイ、イギリス、スイス、ドイツでも試合をしたことがある」

――ここまで16戦16勝(6KO)と無敗でいることについてどう思っていますか?

「キックボクシングではまだ負けていないが、サッカーでは何度も負けを味わっている。5歳から勝負の世界を経験している自分は、負けた時の悔しさを十分に知っているし、負けることは大嫌いだ」

――対戦相手の寺戸選手の印象を教えてください。

「ノブチカは間違いなくこのトーナメントの注目選手だ。ハードパンチャーで経験豊富、そしてダウンしても必ず逆転する、とても強い選手だと思う。激しい戦いになる事は間違いないし、そのために十分な準備をしていくつもりだ。彼の試合をいくつか見たけど、本当に尊敬する選手だと思う。そんな彼と試合できることが凄く嬉しいよ」

――寺戸選手はベテランで実績のある選手ですが、そういう相手と戦うことについてどう思いますか?

「自分も今まで経験豊富な選手と試合をして勝っている。だから特にノブチカの実績に恐れることはない。この試合が必ずハードなものになると思っているが、このトーナメントに参加する選手すべてが強敵だ。今言えるのは、間違いなく激しいトーナメントになるということだ」

――今回のトーナメントで対戦相手以外で気になっている選手はいますか?

「出場選手全員に注目しているが、やはり最初の対戦相手でもあるノブチカに集中している。ただ今回のトーナメントは個性的なファイトスタイルの選手達が集まった、とても面白いものになると思ってる」

――トーナメントを勝ち抜くためには何が必要だと思いますか?

「コーチと共にしっかりトレーニングすること。彼には絶対の信頼を寄せているんだ。そしてフランスには自分をサポートしてくれる人たちが沢山いる。彼らの後押しと、あとはきっと運が味方してくれるさ」

――どんな試合をしてトーナメントを優勝したいですか?

「KOだろうが判定だろうが、日本のファンに楽しんでもらえる試合をして、夢だったK-1の舞台で優勝するために、とにかく勝ちにいく」

――今回のトーナメントを自分にとってどんなトーナメントにしたいですか?

「このトーナメントに出られることは自分にとって最高のギフトだ。今まで色んな国で試合をして来たが、K-1の生まれた国・日本で試合が出来る事はとても特別な事だと思う。必ずトーナメントを優勝して日本のファンの心に自分の名前を刻みたい」

――自分のどこをK-1のファンに見てもらいたいですか?

「チャールズ・ボンジョバーニは対戦相手を恐れずガンガン前に行く、まるでサムライの様なハードファイターだ。まだ敗北を知らない、フランスで生まれたサムライスピリットを持つ男が日本のファンに強烈なインパクトを残すことだろう」

――ボンジョバーニ選手は日本が好きで、自分のことを「サムライ」と言っていましたが、日本の文化が好きで興味があるのですか?

「もちろん。自分はアジアやポリネシアに行くこともあるけど、自分の考え方が日本人の考え方に似ている気がして、その文化が凄く好きなんだ。サムライは誇りそのものでとても尊敬している。常に高いクオリティーを求める彼らのようになりたいと思っている」

<選手プロフィール>
チャールズ・ボンジョバーニ
Charles Bongiovanni
所属ジム:Tiger’s Den
出身地:フランス・ディジョン
誕生日:1986/10/30
身長:171cm
クラス:-55kg
戦績:16戦16勝(6KO)無敗
タイトル歴
・Kings of Muay Thai -61kg王者

スポンサードリンク