K-1 WORLD GP 2015 ~-55kg初代王座決定トーナメント~ トーナメント出場:寺戸伸近(Booch Beat)インタビュー

スポンサードリンク

(C)M-1 Sports Media
(C)M-1 Sports Media

【「K-1 WORLD GP 2015 ~-55kg初代王座決定トーナメント~」2015.4.19(日)国立代々木競技場第二体育館大会情報】

寺戸伸近「55kgでも魅せる試合が出来る自信はあった。軽量級の選手が大舞台に立つことで、今までとは違うものを感じてもらえると思う」

 4月19日(日)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2015~-55kg初代王座決定トーナメント~」。トーナメント出場選手インタビュー第3弾は1回戦でフランスのチャールズ・ボンジョバーニと対戦するISKA世界バンタム級王者・寺戸伸近だ。

――今大会でK-1初参戦が決まりました。試合が決まった時の心境を教えてもらえますか?

「自分たちは55kgという軽い階級だったので、K-1で戦うことは難しいのかなと思っていたのですが(K-1参戦が決まって)『やっと来たか!』という感じですね」

――寺戸選手は格闘技をやる上でK-1からどんな影響を受けましたか?

「(K-1を)見てはいましたけど…それがきっかけで格闘技をやろうとは思わなかったですね」

――寺戸選手の世代で言えばK-1はヘビー級が中心でK-1MAXが始まった時代ですよね。軽量級の寺戸選手にとっては別次元のものでしたか?

「そうですね。K-1で63kgが始まった時に自分も63kgまで階級を上げようかなと思ったんですけど、やっぱり骨格的に不利な点があったので…」

――63kgまで階級を上げるのは真剣に考えていたのですか?

「ちょっとは真剣に考えてましたよ。結構食べて体重そのものは増えるんですけど、実際に大きい人とやると勝手が違いましたね」

――寺戸選手にとってK-1で戦うことは現実的に考えられなかったかもしれませんが、軽量級を世に出したいという気持ちはありましたか?

「はい。自分のこの体型を極端に変えることは出来ないので、みんなに『軽量級でも面白い』と思ってもらえるように、と思っていました。日本人はヘビー級や70kgの選手のように身体が大きい人ばかりではないし、自分たちは少し小柄かもしれないけど、軽量級の選手が大きい舞台に立つことによって、今までとは違うものを色んな人に感じてもらえるのではないかと思っていました」

――大舞台で戦っている選手たちを見て、自分たちでも魅せる試合が出来るとウズウズしていましたか?

「やっぱり軽量級でもKOもあるし、スピードもあるし、ずっと(55kgでも)魅せる試合が出来る自信はありました」

――「早く自分たちにもチャンスをくれ!」と思っていましたか?

「そこまでは思っていなかったもしれないですけど…。でもそのために自分たちは55kgで戦い続けていたのかもしれないです」

――今大会は1日3試合のワンデートーナメントです。寺戸選手にとってはワンデートーナメントも初めてですよね。

「1日2試合はやったことがありますが、1日3試合は初めてです。でも1日3試合のワンデートーナメントは(山本)優弥がやっている姿を間近で見ていて、過酷なものになると思っています」

――1回戦で対戦するボンジョバーニにはどんな印象を持っていますか?

「サウスポーの選手できっちり対策を立てて準備しておかないといけないなと思います」

――今回のトーナメントに出場する選手は若い選手が多いですが、寺戸選手は今年35歳で40戦以上のキャリアがあります。ベテランの意地を見せたいと思いますか?

「若手はガンガン勢いもあっていいと思いますが、僕は自分たちのような30代の選手が頑張っている姿を見せたいです」

――例えばフィジカルトレーニングの数字が落ちたり、衰えを感じることはないですか?

「自分では全然弱くなっているとは思わないし、若い頃よりも戦いの幅は広がっていると思います。昔はトレーニングで数字を測ることはなかったので比較するのは難しいですが、今でも数字的なものは伸びています」

――トーナメントには武尊選手や瀧谷渉太選手など過去に対戦して負けている選手もいます。寺戸選手はどんなトーナメントにしたいですか?

「まずは1回戦を勝つことが大事だし、勝ち上がってくる選手は強い選手だと思います。自分が勝つことで盛り上がる部分もあると思うので、しっかり勝っていきたいですね」

――K-1において55kgのトーナメントは初開催です。どんなものを見せたいと思いますか?

「最軽量なので見た目の迫力が伝わらない部分もあるかもしれませんが、スピードと一発で倒すKOを見せたいです」

――最後にこのトーナメントを楽しみにしているファンの人たちへメッセージをいただけますか?

「僕がこのトーナメントで最年長ですが、その年齢でも出来るというところを見せたいし、たくさんの人たちに試合を見てもらってナンボだと思っています。しっかり自分が輝くところを見てもらいたいです」

<選手プロフィール>
寺戸伸近
Terado Nobuchika
所属ジム:Booch Beat
出身地:島根県浜田市
誕生日:1980/9/9
身長:166cm
クラス:-55kg
戦績:45戦35勝(15KO)9敗1分
ツイッター:@NobuchikaTerado
ブログ:http://ameblo.jp/nobuchika-terado/

タイトル歴
・ISKA世界バンタム級王者
・第24代全日本バンタム級王者
・M-1バンタム級王者
・RISE 55kg級王者

スポンサードリンク