「K-1 WORLD GP 2015 ~-55kg初代王座決定トーナメント~」トーナメント出場:瀧谷渉太(KSS健生館)インタビュー

スポンサードリンク

(C)M-1 Sports Media
(C)M-1 Sports Media

「K-1 WORLD GP 2015 ~-55kg初代王座決定トーナメント~」トーナメント出場:瀧谷渉太(KSS健生館)インタビュー
【「K-1 WORLD GP 2015 ~-55kg初代王座決定トーナメント~」2015.4.19(日)国立代々木競技場第二体育館大会情報】

瀧谷渉太「僕は誰かに勝ちたいというよりも自分が強くなりたい。人生最大のチャンスだと思って死にもの狂いでやります」

 4月19日(日)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2015~-55kg初代王座決定トーナメント~」。トーナメント出場選手インタビュー第4弾は1回戦でオーストラリアのダニエル・ウィリアムスと対戦する瀧谷渉太だ。

――1月の代々木大会で初めて新生K-1のリングに立った瀧谷選手ですが、K-1のリングはいかがでしたか?

「会場も大きくてマットにも”K-1″というロゴが入っていて興奮しました。試合が終わった後、勝利者トロフィーを持ってK-1のロゴがある場所で写真を撮ってもらったのですが、あまりにもかっこよかったのでSNSのプロフィール写真にしました」

――試合前には取材や会見などの行事もありましたが、それも含めて楽しむことが出来ましたか?

「そうですね。K-1は見ている人の数が今までとは違うなと感じて、色んな人たちに自分のことを知ってもらえる素晴らしいリングだと思いました」

――今大会では-55kg初代王座決定トーナメント出場が決まりました。出場が決まった時はどんな心境でしたか?

「やっぱりうれしかったですね。Krushのチャンピオンではなくなって、トーナメントに選ばれるのかな?という不安があったので、メンバーに選んでもらったことがうれしいです」

――瀧谷選手にとって優勝すればK-1のベルトが手に入るという念願のトーナメントだと思いますが、試合へ挑む心境はいつもと違いますか?

「モチベーションが高いですね。1日3試合やらなきゃいけないということで、1日1試合の練習では足りないと思います。だから練習量や練習の姿勢も変わるし、ここで勝ったら本当に大きいので、人生最大のチャンスだと思って死にもの狂いでやろうと思います」

――トーナメント1回戦で対戦するウィリアムスについてはどんな印象を持っていますか?

「映像を見てもガンガン来て、パンチもヒザ蹴りもオールラウンドにできる選手だと思います。トリッキーなことはやってこないし、1回戦からガンガン打ち合って盛り上げていきたいと思います」

――小細工なしの真っ向勝負をイメージしていますか?

「はい。トーナメントだからダメージを負わないように、とか器用なことは出来ないので、最初からガンガン行って倒せたらラッキーという感じでやります」

――1試合1試合を全力で戦うことになりそうですか?

「それが自分の持ち味だと思うし、何かを狙って戦っていたらやられてしまうと思うので、いつも通りに行こうと思います」

――瀧谷選手はずっと55kgで戦ってきて、K-1という大舞台で注目を浴びるチャンスが来ました。軽量級でも会場を沸かせられるという手応えはありますか?

「今までやってきたことを出せればいいと思います。僕は普段から55kgくらいで、明らかに自分が小さいし、ワンデートーナメントは試合をやるにつれて消耗していくことも分かります。体格的な不利を覆す戦い方はないだろうし、だったら自分がガンガン攻めて倒しに行くしかない。そういう覚悟は出来ています」

――記者会見では他の日本人選手から「スターになる」(武尊)、「チャンピオンになることしか考えていない」(寺戸伸近)、「全員ぶっ倒す」(大雅)と自己主張の強いコメントが飛び出しましたが、瀧谷選手はどんな気持ちでトーナメントに挑もうと思っていますか?

「武尊選手が言っていた『街を歩いたら人だかりができる』というのはうらやましいなと思って妄想しました(笑)。僕はチャンピオンになりたいというよりも強くなりたいという想いの方が強いんですよ」

――瀧谷選手は目の前の相手に勝つという純粋な気持ちなんですか?

「ベルトは3試合勝った結果としてついてくるものだし、僕は誰かに勝ちたいというよりも自分が強くなりたいという気持ちなんですよね。残り2カ月、強くなる実感を感じながら4月に備えたいです」

――準決勝では武尊選手、決勝では大雅選手か寺戸選手と予想していましたが、トーナメントの勝ち上がりは明確にイメージしていますか?

「武尊選手は今めちゃくちゃ勢いがあって、僕と戦うのを見たいという声も聞くので、お互い1回戦を突破して準決勝で戦いたいです。そして決勝が大雅選手になればリベンジマッチだし、寺戸選手になればチーム新空手で練習している仲間との試合になる。僕にとってはすごくテーマがあるトーナメントになったと思います」

――瀧谷選手はトーナメントで優勝したら、どんなチャンピオンになりたいと思いますか?

「面白いと思われる試合をするチャンピオンになりたいです。ここ最近は腑に落ちない試合が続いているというか…(苦笑)。せっかく”壊王拳”というキャッチをつけてもらったのに、まだ自信を持って『これが”壊王拳”だ!』というものを見せられていないので、それをトーナメントで披露して、みんなに試合を見たいと思われるチャンピオンになりたいです」

――最後にこのトーナメントを楽しみにしているファンの人たちへメッセージをいただけますか?

「普通のキックボクシングの試合をする気はないので、それこそドラゴンボールを見ているかのような、戦っている僕がまるで瞬間移動しちゃうような、そんな試合を見せたいと思います。押忍!」

<選手プロフィール>
瀧谷渉太
Takiya Shota
所属ジム:KSS健生館
出身地:愛知県新城市
身長:161cm
クラス:-55kg
戦績:32戦25勝(13KO)7敗
ツイッター:@takiyashota_55

タイトル歴
・初代・第2代Krush -55級王者
・2007全日本新空手K-2軽量級王者

スポンサードリンク