K-1 WORLD GP 2015 ~-55kg初代王座決定トーナメント~ リザーブファイト出場:出貝泰佑(TEAM GYAKUSAN)インタビュー

スポンサードリンク

 (C)M-1 Sports Media
(C)M-1 Sports Media

「K-1 WORLD GP 2015 ~-55kg初代王座決定トーナメント~」リザーブファイト出場:出貝泰佑(TEAM GYAKUSAN)インタビュー
【「K-1 WORLD GP 2015 ~-55kg初代王座決定トーナメント~」2015.4.19(日)国立代々木競技場第二体育館大会情報】

出貝泰佑「インパクトのある大技で一般の人たちにも分かりやすい試合をやりたい。リザーブファイトからでも僕が台風の目になります」

 4月19日(日)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2015~-55kg初代王座決定トーナメント~」。トーナメント出場選手インタビュー第5弾はリザーブファイトでポルトガルのルイ・ボテーリョと対戦する出貝泰佑だ。

――今大会でK-1初参戦が決まりました。試合が決まった時の心境を教えてもらえますか?

「『やっと来たか』という感じでしたね。過去にオファーをいただいたこともあったのでK-1に出ることは想像していたのですが、4月大会で僕の階級のトーナメントが行われることになって、トーナメントが発表された時から出たいと願っていたので、勝手にトーナメントに出るつもりで準備をしていました」

――新体制でスタートしたK-1の2大会を見て、どんな感想を持ちましたか?

「久しぶりのK-1で盛り上がったなと思いました。K-1は他のキックの団体と違って、大会そのものを見に来るK-1ファンがいて、K-1を盛り上げようというお客さんの気持ちや熱を感じました」

――その2大会では55kgのスーパーファイトも行われましたが、それについてはいかがでしょうか?

「あの規模の会場でも盛り上がる試合になって、K-1がイベントとして”来る”と思いましたね」

――自分がそこに入ったらともっと盛り上がると思いましたか?

「やっぱり意外な選手がいた方が面白いと思うんですよね。お客さんからも『K-1が復活したら、K-1に出て盛り上げて欲しい』と言われることもあって。今回、自分の階級のトーナメントが開催されるタイミングでK-1に参戦出来るというのは、僕にとってはベストタイミングだと思います」

――出貝選手は格闘技を本格的に始める前に”K-1ごっこ”をやっていたんですよね?

「10代後半の頃に仲間たちと”K-1ごっこ”をやっていました。もともと自分は空手をやっていたのですが、全部自己流なんですよね。空手をやっている先輩の練習に付き合って、基本的なことを教わっただけで、あとは自己流でシャドーボクシングをやったり、テレビで見たK-1の試合を真似したり、仲間とK-1ごっこをしたり…。今回、僕がK-1に出ることになって、当時の仲間にそれを伝えたら『あいつ、本当にK-1に出るまでになったんだ!』と夢を与えることにもなるのかなと思います」

――どこか場所を借りてK-1ごっこをやっていたのですか?

「いや、そこまで本格的ではないです。学校の休み時間に友達とやってみたり、夜遊びして公園で遊んだ延長で私服のままローキック合戦をやったり、そんな感じです(笑)」

――でもそれが出貝選手にとって格闘技の原点になったわけですよね。

「僕が格闘技で熱くなったのはアンディ・フグやピーター・アーツが活躍していた頃で、最初はあまり興味がなかったのですが、試合を見ていくうちにどんどんハマっていって。周りのみんなよりブームに乗るのは遅かったのですが、最終的には僕がみんなを追い抜いて、K-1ごっこではフグの真似をしたり、『このガードが誰のガードか分かるか?』と問題を出したり、みんなが迷惑してる中、ずっとそんなことをやっていました(笑)」

――そういったオリジナルな部分は出貝選手のファイトスタイルの基礎になっていますか?

「そうですね。最初の入りが自己流だったので、どちらかというと映像を見て研究するところからスタートして、試合の映像や教則DVDを見て、技を練習していました」

――今回はリザーブファイトでの参戦ですが、本戦出場は意識していますか?

「出るからには『リザーブだけど頑張ります!』ではしょうがないし、僕に本戦に出るチャンスがあれば、またそこで盛り上がると思います。本戦に出場する日本人と僕が戦うことになれば、今まで予想が出来なかったカードだ思うのでお客さんも喜んでくれると思います。そういう化学反応を起こすためにもリザーブファイトは勝ちます」

――今回のK-1参戦で、今まで出貝選手の試合を見たことがない人たちも試合を見ることになると思います。自分のどんなところを見てもらいたいですか?

「今、僕は独立して自分のチームを作りました。そこでファイトスタイルを少し変えたところやレベルアップしたところを見せたいと思います。あとはインパクトのある大技系で攻めていく姿を見せたいですね」

――過去の試合でも出貝選手は大技を見せることが多いですが、ああいった技はインスピレーションが降りてくるのですか?

「そうですね。僕は格闘技マニアというよりも客観視して格闘技を見ているので、マニアの人たちが喜ぶ試合ではなくて、一般のファンの人たちに受ける試合、初めて格闘技を見る人にも受ける試合をしたいと思っています。パンチでも蹴りでも大技を出せば、一般の人たちにも分かりやすいと思うので、そういう試合をやりたいです」

――出貝選手はこのトーナメントをどんなトーナメントにしたいですか?

「来年もトーナメントがあるかは分からないですが、僕は最初で最後のつもりでこのトーナメントに挑まないといけないと思います。このトーナメントが最後になってもいいくらいのつもりで戦います。リザーブでも本戦に出る気持ちを見せて、本戦の選手たちにも『出貝が来るんじゃないか?』と思わせて、リザーブからでも僕が台風の目になります」

 (C)M-1 Sports Media
(C)M-1 Sports Media

出貝泰佑
Degai Taisuke
所属ジム:TEAM GYAKUSAN
出身地:青森県八戸市
誕生日:1982/5/14
身長:170cm
クラス:-55kg
戦績:32戦17勝(5KO)12敗3分
ツイッター:@degaimimi
ブログ:http://ameblo.jp/degaimimi/
タイトル歴
・Bigbangスーパー・バンタム級王者

スポンサードリンク