UFC JAPAN 2014 試合後の選手コメント2

スポンサードリンク

UFC FIGHT NIGHT JAPAN- HUNT vs NELSON

「UFC JAPAN 2014 : ハント vs ネルソン」2014年9月20日(土)さいたまスーパーアリーナ

9月20日(土)さいたまスーパーアリーナにて開催された「UFC JAPAN 2014 : ハント vs ネルソン」に参戦した選手のコメント。

ロイ・ネルソンは、試合序盤に受けた目突きによりパフォーマンスが低下したとコメントしている。

Mark Hunt
“I feel great about the fight. My weight cut was not good but I’m happy with my performance today. I love Japan and love coming back to Saitama. I won’t miss any chances to fight in Japan. “

Roy Nelson
“My eyeball hurts. I was seeing double from the moment of that poke and it definitely effected my performance the rest of the fight.”

Akiyama UD over Sadollah

Yoshihiro Akiyama
秋山

自分の居場所はここだ、と再確認しました!
階級を変え、自分に合った階級と感じています。
対戦相手が変わった事によりトレーニングを変える等はせず、
スキルアップという一点を集中的に行っていました。
日本のファンが、本当に2年半も待っていてくれたんだと嬉しく思っています。

I was reassured that this is where I belong.
From the change of weight class, I think I made a good choice since it feels very fit to me.
Even though my opponent changed, I did not change any training methods but
focused on howto improve my skills.
I was fascinated to see that so many fans waited my return after two years and a half.

Amir Sadollah

Myles Jury
ジュリー
“It was an honor to fight him. I was nervous out there for sure. I trained hard and of course was hoping for an outcome like that but I also respect how experienced he is and know it could have been a long night. To come to Japan for the first time and have a win over a veteran like Gomi is amazing. It’s a great stepping stone in my career.”
五味選手と戦えた事を光栄に思います。彼との対戦はとても緊張しました。
彼を倒す為に多くの練習を重ねていたものの、彼のような経験の高い選手と戦えた事を本当に嬉しく思います。
日本に初めて来て、五味選手と対戦でき本当に満足です。
この一勝は自分のキャリアにとって大きな一歩となると感じています。

Takanori Gomi
五味
“He’s a good fighter and he deserved that win tonight. It’s my 36th birthday in a few days and I’m going to relax and take some time to think about my future.”
ジュリー選手はとても強い選手。自分は数日で36歳になるんですが、リラックスすると共に今後のことも考えたいです

Tate UD over Nakai

Miesha Tate
ミーシャ・テイト
今日は新しいゲームプランをもって挑みました。中井選手との距離を出来るだけとり、テイクダウンされないように気をつけました。
戦略的に、かつアグレッシブに彼女を倒す方法を常に考えて戦っていました。
中井選手のキックは特に強く、腰にくるダメージが感じられたのでそれをバランスアウトして戦っていました。
今日勝ててとても嬉しかった。次は、キャット・ジンガノ(Cat Zingano)と戦いたい、リマッチがしたいです。
少し時間がかかるかもしれないですが、実現を楽しみにしています。

“It was a new game plan for me tonight. Her movement was very unorthodox. I wanted to keep enough distance between us and not caught by her takedowns. I was trying to be strategic and aggressive but not over zealous. I had to be careful when she was on my back. She has really really strong legs and was putting a lot of pressure on my lower back. I needed to make sure I had her weight distributed properly to avoid the dangers in that position. I’m happy with the win. I called out Cat Zingano because that’s the fight I want. I want that rematch. I want the fans to know that I want that rematch. I know I may have to wait for it but I’ll be ready.”

Rin Nakai

Kunimoto by Split Decision

Kiichi Kunimoto
国本起一

1ラウンド目は、体と気持ちが上手くつながらず、状況が見ないまま戦っていた。
連動していなかったが、ストライクを続け勝ててよかった。
結果は勝ちではあったが、自分が情けない。
3ラウンド目のグラプリングは7割ほどできていたが、ウォルシュ選手のディフェンスも
強く、かつ壁もすぐ後ろにあったため完成できなかった。
次は、一本KOで勝ちたい。
I think my body and mind was not connected in the 1st Round, and I couldn’t see.
But I am glad I continued to fight with combinations of strikes.
I won, but I feel terrible(in a sense that he knew he is better than his performance)
The grappling on the 3rd round was 70% complete, but wih the fence there and walsh’s
strong defence, I could not get it all through.
Next fight, I look foward to my KO win.

Richard Walsh
リチャード・ウォルシュ

判定が読まれたとき、自分が近差で勝ったと思った。ニーを2度、3度受けたが特にダメージは感じていない。3ラウンド目で2分ほどバックを取られたが、それだけ。
思ったとおりにファイトが出来ない事は多々ある事だ。
国本選手は、経験も豊富でとてもタフな相手だった。
彼が勝ったが、自分の存在も十分証明できたと感じている。
UFCにいることに感謝し、次の試合を楽しみにしている。

“When the judges decision was read I thought I was going to win the split decision two rounds to one. I didn’t get hit or hurt. I got kneed once or twice but no damage was done. He took my back in the third round for two minutes but that’s it. What can you do? Sometimes fights don’t go your way. That was a tough opponent for me, someone with a lot more fight experience. He got the win tonight but I proved I belong here. I’m happy to be in the organization and I’m looking forward to my next fight.”

Kyoji Horiguchi
堀口恭司

対戦相手が変わった事を受けても、トレーニングの方法などは特に変えず準備をしてきた。
もともと空手をベースとしていたので、自分の基板と恩師である”KID”山本のレスリング
手法などを兼ね合わせて準備してきました。
ホームで勝ち、やっとみなさんに少し恩返しができたかなと思います。
次はランクカードで戦いたいです。

Eventhough my opponent got changed, I did not change the training methods.
Putting my own basic karate style and putting the wrestling methods from KID yamamoto,
I have been prepared very well.
I think I was able to give back to everyone who has been supporting me throughout
by winning on the home ground.
I’d like to have a rank card next!

Jon Delos Reyes
デロスレイエス

堀口がサウスポーだった事が最も驚きでした。アウトサイドでファイトしていて、すごくアグレッシブに入ってきたと感じた。
順応しないと思ったんですが、できないままボディへのショットを受けてしまいました。
総合格闘技ですから、対戦相手が何を引き出して来たとしたも対応しないといけないですね。

“What threw me off was when he came out as a south paw. He was fighting on the outside, and coming in more aggressively. I needed to adapt and be clever off that body shot but I missed it. This is MMA, I need to be prepared for whatever my opponents do.”

スポンサードリンク