UFC JAPAN 2014 試合結果 マーク・ハント VS ロイ・ネルソン!

スポンサードリンク

UFC FIGHT NIGHT JAPAN- HUNT vs NELSON
「UFC JAPAN 2014 : ハント vs ネルソン」2014年9月20日(土)さいたまスーパーアリーナ

9月20日(土)さいたまスーパーアリーナにて開催された「UFC JAPAN 2014 : ハント vs ネルソン」の試合結果。

メインイベントでは、マーク・ハントがロイ・ネルソンと対戦する他、PRIDEでお馴染みの五味隆典や、秋山成勲、堀口恭司、中井りんなど日本人UFCファイターが多数参戦する。

メインイベント
ヘビー級 5分5R
マーク・ハント (ニュージーランド)
ロイ・ネルソン (アメリカ)

勝者:マーク・ハント
2R KO

1R ハント連打。ネルソン、タックル。切るハント。ハントの指がネルソンの目に。一旦試合中断。再開。
ハントの右。お互い大砲の打ち合い。しかし、どちらも空を切る。ネルソンのロー。ホーン。
2R ネルソン、TD。ハント立つ。ハント、ジャブで試合を組み立てる。一気に詰める。金網際でハントの右アッパーが決まり、衝撃KO勝利!

メインカード
ライト級 5分3R
マイルズ・ジューリー (アメリカ)
五味隆典 (日本)

勝者:マイルズ・ジューリー
1R TKO

1R 五味が前に出たところに、ジューリーの右フック一閃。腰から砕け落ちた五味にジュエリーがパウンドしTKO。

ウェルター級 5分3R
秋山成勲 (日本)
アミール・サドラー (アメリカ)

勝者:秋山成勲
3R 判定3-0

1R 秋山、相手のキックに合わせて足を引っ掛け上手くTD。足抜いてサイドに。またハーフに戻される。サドラー、立ち上がる。スタンドへ。秋山、バックスピンキック。スタンドでお互い手が出ずホーン。
2R サドラー、ハイキックの連打。秋山、距離を取り当たらず。バックスピンキック。秋山の右がサドラーを捉える。秋山の左でサドラーぐらつく。秋山、倒れたサドラーにパウンド。サドラー、足で防御するも、秋山は潰して上に。サドラー蹴り上げ。秋山、ついにサイドに。サドラーが立ち上がった所でホーン。
3R 秋山、大ぶりのパンチでサドラーを詰めていく。サドラー、苦し紛れのハイキック。秋山、バックスピンキック。パンチで追い込み金網際でサドラーを上から潰す。パウンド落とす秋山。サドラーは出血で血まみれに。秋山が、パウンド連打している所でホーン。

判定は文句なく秋山。勝利者インタビューでは、次の対戦相手にヴァンダレイ・シウバを指名した。

女子バンタム級 5分3R
ミーシャ・テイト (アメリカ)
中井りん (日本)

勝者:ミーシャ・テイト
3R 判定3-0

ウェルター級 5分3R
国本起一 (日本)
リチャード・ウォルシュ (オーストラリア)

勝者:国本起一
3R 判定2-1

1R ウォルシュ、ローブロー パンチもらって国本ダウン気味に倒れるもなんとか立ち上がる。殴り合いではウォルシュ優勢。国本鼻血が。ウォルシュ、またローブロー。打ち合い。国本、TD狙うが倒せない。金網際で押し合う所でホーン。
2R 国本、パンチ貰いぐらつく。金網に押し込みしつこくTD狙い。ウォルシュ、腰重く倒れない。TD狙いをウォルシュが阻む展開でホーン。
3R 国本、ついにTDしバックマウント。リアネイキドチョークを狙うが、ウォルシュも粘る。粘りきった所でホーン。
判定はスプリットで国本。国本が粘り勝ちで白星を掴んだ。

フライ級 5分3R
堀口恭司 (日本)
ジョン・デロス・レイエス (グアム)

勝者:堀口恭司
1R TKO

1R 堀口の強烈なミドルでレイエスがうずくまる。堀口、冷静に上に乗り金網際に。レイエス立ち上がりスタンドに。レイエス詰めて飛び膝みせる。堀口のパンチがレイエスを捉え、上からパウンド連打を落とした堀口がTKO勝利。UFC3連勝に。

プレリミナリ−・バウト
バンタム級 5分3R
アレックス・キャセレス (アメリカ)
金原正徳 (日本)

勝者:金原正徳
3R 判定3-0

1R 金原、パンチで金網に詰めてTD。長い足のガードが越えられない。立ち上がりにバックに回り、正対した相手にシングルレッグ。しかしTDできず。スタンドでぐらつかせる。が決めきれずホーン。
2R 金原、キックを受け止めそのままTD。ギロチンに捉えられるが抜いてバックに。背中に乗ってチョーク狙い。リアネイキドチョーク決めかけるが、キャサレスも粘る。ホーン。
3R キャサレス、パンチで詰める。金原、左、右と何発か食らう。手が出なくなった金原。キャサレスがサイドキックからスピニングバックフィストを見せた所でホーン。判定へ。
判定は3-0で金原。

フェザー級 5分3R
菊野克紀 (日本)
サム・シシリア (アメリカ)

勝者:菊野克紀
2R リアネイキドチョーク

2R 菊野は打ち合いからTDしリアネイキドチョーク狙い。
ガッチリ決めて一本勝ち。

ウェルター級 5分3R
リム・ヒョンギュ (韓国)
佐藤豪則 (日本)

勝者:リム・ヒョンギュ
1R TKO

1R 佐藤のタックルを受け止めたヒョンギュが、側頭部にエルボーの連打で迎撃。
佐藤の動きが止まりレフリーが試合を止めた。

バンタム級 5分3R
田中路教 (日本)
カン・ギョンホ (韓国)

勝者:カン・ギョンホ
3R 判定2−1

オープニングファイト
ライト級 5分3R
徳留一樹 (日本)
ジョニー・ケース (アメリカ)

勝者:ジョニー・ケース
2R ギロチンチョーク

2R 徳留は左のオーバーハンドを喰らい、右ストレート2発でダウン。
金網際でギロチンチョークを極められた。

フェザー級 5分3R
マキシモ・ブランコ (ベネズエラ)
ダン・フッカー (ニュージーランド)

勝者:マキシモ・ブランコ
3R 判定3-0

スポンサードリンク